明日は鏡開き

お正月、鏡餅は飾りましたか?明日の1/11は鏡開きの日。

私の住んでいる鹿児島では鏡開きを方言で「オカガンサゲ」といいます。「お鏡(オカガン)を下げる(サゲ)」という意味。

丸くて白い鏡餅を神社のご神体の鏡に見立てて、魂の権化としてみる向きもあったため、刃物で切ってはならないとされていました。

特に武家の家では重要視されていたようです。
本来なら木槌で割って神様からのお裾分け(お年玉)を皆でいただだきます。

しかし、この鏡餅いつもカビだらけ。。。青カビまでは食べてもOKとか、黄色とピンクのカビは食べてはいけないとか伝え聞いてましたが、本当かどうか???疑問です。おかげで胃腸が鍛えられました。

カビの生えた鏡餅食べたことありますか?そのままではとてもカビ臭くて食べれるものではありません。

美味しく食べられるように、カビを包丁でこそげ落として、水餅にして雑煮かぜんざいで神様からのお裾分け(お年玉)を美味しく頂くのが現実です。

おばあちゃんやお母さんがやってきた地域に根ざした暮らしの風習、地に根を下ろして、しっかりとご先祖様に守られてる気がします。

忙しい昨今、自分なりにできる範囲で大切にしていくのも、ヨガや瞑想と同じようにメンタル維持の健康のためにおすすめですよ。

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

copyright © basic fabric all rights reserved.