作成者別アーカイブ: john

FAQ:「トートバッグの縫い代テープにグログランテープを使って、綺麗に縫うコツ」を掲載しました。

・サイドの縫い代テープにグログランテープを使っていますが、綺麗に縫うコツはありますか? 
[商品No.bg-001](レシピ:⑤-11 工程 応用 詳細)

詳しくはこちらをクリック↓

タケノコには毛がある

今が旬のタケノコ。
煮物にしたり、穂先を酢味噌で食べたり、とてもおいしい食材です。

前にスーパーでタケノコを買ったときに、レジ打ちの男の子に「僕はタケノコに毛があることを知らなくて、初めて触ってビックリしました!!」と話され、こっちも知らないのか~っとビックリしました。

水煮にしたものが売ってますからね。
今出回ってる孟宗竹のタケノコには、ビロードのような毛が生えてます。

この毛の生えた皮をむいて、米のとぎ汁で40-50分炊けば下処理の出来上がり。水煮で売ってるものになります。

これを薄く切ってそのまま食べると、 トウモロコシのような甘みがあって美味しいですよ。

面倒でも、一度タケノコの下処理から調理してみるのもおススメです。

衣更着の2月

2月は日本の旧暦で「如月(きさらぎ)」です。

もともとは「衣更着(きさらぎ)」と書きます。この一番寒い季節に「衣を更に重ねて着る季節」という意味です。

昔から着物を着てきた日本人になじみのある素材、絹には解毒・保湿効果。麻には吸湿・防菌効果があり、身体を守ってくれる天然素材です。

今の季節、肌に近いほうから、絹、綿、羊毛、羽毛と重ねると温かいです。

この時期の冷えが一年の健康に響くので、天然素材の衣類で温かくふんわりと包み込むように、体を大切にして過ごすことを意識するといいですよ。

へぇ~「soy sauce」って

この間、鹿児島の食に関する本を読んでたところ面白いことが書いてありました。英語で醤油を意味する「soy sauce」は鹿児島弁からきていると。

確かに鹿児島弁で醤油のことを「ソイ」又は「ショイ」といいます。

薩英戦争以降の薩摩とイギリスの交流の中で、イギリス人が醤油のことを「soy sauce」と呼ぶようになり、パリ万博以降に「soy sauce」の言葉で広まったらしいです。

へぇ~知らなかった。凄いな鹿児島弁。

洋裁教室「ロックミシンの縫い方」を掲載しました。

洋裁教室に「ロックミシンの縫い方」掲載しました。

ロックミシンには、表裏があります。

ハンドメイドされる方で、逆になってる場合があります。
これを意識するだけでも、物作りが理解できているクリエイターかわかるので注意しましょう。

詳しくはこちらをクリック↓

もうすぐ節分

2/3の日曜日は節分です。

子供の頃炒った大豆を外に元気よくまいていました。 そして歳の数だけ落花生を食べて終了。雨が降ると、ふやけた大豆が車のタイヤで潰されて掃除が大変だったのを覚えています。

鹿児島だけなのかよくわかりませんが、厄年の人はお金を歳の数だけまくという風習もありました。

私が小学生の頃、朝の登校時に拾ってくる人もいて、家に持ち帰ると厄を入れることになるので、そのお金で外で何か買って家に帰えらないといけないといわれていました。

今では恵方巻がつき、掃除が大変なので家の中ですぐに回収できる程度の落花生をまき、歳の数だけ食べるというのはきついので、ほどほどに落花生を食べるという感じです。

節分は一年が始まる立春(2/4)の前に一年の厄災をきれいさっぱり祓うという意味があります。

豆は「魔目」と書き「鬼の目を潰す」という意味で、ここから出てくる厄災の目も潰して祓うという意味が込められてるようです。

洋裁教室「ロックミシンの糸の始末方法」を掲載しました。

洋裁教室に「ロックミシンの糸の始末方法」掲載しました。

基本的に、ロックのミシン糸がほつれないように止めればいいのですが、運針位置に止めることで、きれいな仕事になります。

高級婦人服などは、この方法で止めます。

詳しくはこちらをクリック↓

今から寒さに注意

1/20~2/3頃まで、二十四節気でいう「大寒」。最も寒い季節になります。

循環器系の病気をしている方には、特に要注意の季節。

この大寒~三月上旬までは、私はいつも気は張る時期です。
なぜなら、脳梗塞をしている母の病気の再発率が一番多い時期だからです。

寒さによって血の巡りが低下するので、気温、室温、食事に気を使います。

日常生活で自然に取り入れられる体を温める方法に、急須の中に「ほうじ茶」+「よもぎ茶」で飲んでます。

ヨモギって身近にあって大好きな薬草です。
草刈りついでに摘み取ったヨモギは乾燥して、煮だしてヨモギ湯に使ってます。体が温まります。

ヨモギには、浄血・増血作用、デトックス作用、腸内環境改善、体を温める効果などがあります。美容にもいいので女性の方には特におすすめです。

季節によっていろんな薬草茶飲んでますが、 朝昼晩の食事に「ほうじ茶」+「薬草茶」は 自然と取り入れやすいので健康維持にいいですよ。

額縁仕立て

ランチョンマット、テーブルクロスなど、角を縫うときに額縁仕立てで仕立てると、既製品のような仕上がりになります。

やり方はこちら↓(洋裁教室に掲載)

キルティング生地を縫うとき

今から入園入学準備で使用することが多いキルティング生地。この生地縫うのは、意外と難しいです。

例えば、縫っていくと、タックやつまみ、ダボつきができたり、布端がほつれてきたり。。。

コツさえつかめば、簡単に縫うことができるので参考にされてください。


洋裁教室に掲載(キルティング生地の縫い方)

キルティング生地の布端のほつれには、最初で「捨てミシン」をかけておくと、ほつれてきません。

 

 

縫った後に、縫い代の処理をする「捨てミシン」もあります。


洋裁教室に掲載(捨てミシン)

 

 

ハンドメイドで楽しむとき、家庭用ミシンだけでロックミシンを持ってない方など様々です。縫い代の処理方法は色々あるので、参考にされてください。


洋裁教室に掲載(縫い代の縫い方)

 

 

感染症予防対策

インフルエンザが流行していますね。感染したら大変ですよね。

介護してるので感染されたら困るのと、私も感染したら家や仕事が回らなくなって困るので、常日頃体調に気を付けています。

その対策として、感染症予防に普段から「板藍根茶」というお茶を飲んでます。急須の中にほうじ茶と一緒に入れて常飲してます。おかげで元気です。子供からお年寄りまで大丈夫です。

板藍根に抗菌・抗ウイルス作用があり、漢方ではインフルエンザ、ヘルペス、イボなどの治療に使われる薬です。

 

板藍根エキス顆粒になってるものもあります。この時期、家庭の常備漢方薬として置いておくと安心です。

 

流行している時期に出かけるの嫌ですよね。うつらないように、出かけた時に心配になった時のために飴も常備してます。

 

一年を健康で過ごすための予防対策です。

 

 

明日は鏡開き

お正月、鏡餅は飾りましたか?明日の1/11は鏡開きの日。

私の住んでいる鹿児島では鏡開きを方言で「オカガンサゲ」といいます。「お鏡(オカガン)を下げる(サゲ)」という意味。

丸くて白い鏡餅を神社のご神体の鏡に見立てて、魂の権化としてみる向きもあったため、刃物で切ってはならないとされていました。

特に武家の家では重要視されていたようです。
本来なら木槌で割って神様からのお裾分け(お年玉)を皆でいただだきます。

しかし、この鏡餅いつもカビだらけ。。。青カビまでは食べてもOKとか、黄色とピンクのカビは食べてはいけないとか伝え聞いてましたが、本当かどうか???疑問です。おかげで胃腸が鍛えられました。

カビの生えた鏡餅食べたことありますか?そのままではとてもカビ臭くて食べれるものではありません。

美味しく食べられるように、カビを包丁でこそげ落として、水餅にして雑煮かぜんざいで神様からのお裾分け(お年玉)を美味しく頂くのが現実です。

おばあちゃんやお母さんがやってきた地域に根ざした暮らしの風習、地に根を下ろして、しっかりとご先祖様に守られてる気がします。

忙しい昨今、自分なりにできる範囲で大切にしていくのも、ヨガや瞑想と同じようにメンタル維持の健康のためにおすすめですよ。

 

 

copyright © basic fabric all rights reserved.