ポケット Uカーブ 作り方

ポケットのUカーブに、簡単にアイロンかける方法を紹介します。

ポケットのUカーブを作るときは、通常、

・厚紙で型紙作る

・カーブをぐし縫いする

・型紙あてて、ぐし縫いした糸を引く

・アイロンをかける

というやり方ですが、ぐし縫いするのが面倒なので、
要領よく仕上げるために、秘密兵器に「ストッキング」を使います。


 1.厚紙で、出来上がり線の沿った型紙を作ります。

※厚さは、ストッキングの中に入っている台紙ぐらいがベスト。

0192

 

2.ポケットの出来上がり線を厚紙に書き写します。

0213

 

3.布の厚み分を考慮して、1~2mm程度、線の内側をカットします。

0236

 

4.そのままだと、アイロンをかけた時に紙が熱くなるので、
熱を逃がすために、穴空きパンチで穴をあけます。

026

 

5.ここで、ストッキングが登場。
(※黒がストッキングです)
周りにロックミシンをかけ(縫い代始末)ポケット口を縫ったものを
ストッキングの上に置き、厚紙でで作った型紙を置きます。

0502

 

6.型紙がずれないように、型紙に沿って
ストッキングをたぐり寄せます。

0363

052

 

7.アイロンをかけます。
(注意点:ストッキングは化繊なので、温度に注意!高温だとストッキングが溶けます)

037

 

 8.ストッキングを外すと、きれいにカーブにアイロンがかかります。

0541

057

 

 


 

 おすすめ道具

copyright © 2011 basic fabric all rights reserved.