ポケットなど 印 付け方

ポケット、ダーツ、持ち手など、印の付け方についての説明です。


「kami-to-nuno」のパターンには「●」がパターンの中にあります。
これは、穴をあけてチャコペンなどで印を付けてくださいという意味です。

 

型紙に穴をあけると、次回使用するときに、だんだんと穴が
広がっていき、破けてしまうので、その防止策として、
「●」印にテープを貼ります。↓

20131121_892547

 

テープは、「セロテープ」ではなく、「メンディングテープ」を使った方が良いです。
これで、穴の広がり、破けが防止できます。

穴をあける方法として、「ハト目」か「目打ち」を使います。
手前が「ハト目」。奥が「目打ち」。

20131121_892548

 

穴は、「ハト目」の方がきれいにできて、印付けがやりやすいです。

20131121_892549
他に道具として、カッティングマットがあると便利です。
これは¥100ショップに売ってます。↓

20131121_892550

 


 

おすすめ道具

 

copyright © 2011 basic fabric all rights reserved.