母の定期検査

 

先日、在宅介護をしている母の

定期検査で脳神経外科へ行ってきました。

年2回の脳の定期検査してます。

 

今回はMRI検査。これは年2回の撮影。

脳の画像診断です。

前回の画像との比較。

先生の「変わりなし」という言葉で、安心感をいただく感じです。

 

もうひとつ年に1回、撮影するMRA検査。

これは、脳の血管を立体的に撮影する検査。

血管の細くなってるところや、血管異常、動脈瘤の早期発見になります。

 

脳神経での定期検査の時、

かかりつけの病院の紹介状を書いてもらって

診察してもらうのですが、紹介状をみた看護師さんより一言。

「ドクターの字が読めない~!!」

確かに!!!

文字が達筆すぎるのか、汚いのか、ミミズがはったような。。。

「伝えときます」と。

 

血圧測定中だった母は、笑いすぎて測定不能に。。。

落ち着いてから測りなおしましたが。

 

気を使って、伝えられないドクターもいるのですが、

母の主治医の先生は、そんなことが言える先生なので気が楽。

介護は、主治医と長い付き合いになるので、

何でも話せる、気が楽な先生がいいですよ。

 

こういうことも、

介護の不安や負担の軽減になりますよ。

 

 

 

 

LINEで送る

copyright © 2011 basic fabric all rights reserved.