帆布 針の取り換えはこまめに

 

帆布のサンプル制作中。
帆布を縫う時は、針はこまめに取り替えて。

帆布生地が重なった厚みのある部分縫うと、
針先がつぶれやすく、折れやすくなります。
目飛びや、糸切れ、トラブルが生じやすい原因になります。

針先がつぶれてるかどうか、
慣れてくると、運針の音でわかるようになります。

毎回そうだけど、トートバッグのマチを縫うのは、気を使う工程。
生地が重なって厚みがあるので、
針が折れやすく、つぶれやすい場所。

251

気持ちを落ち着けて、1針1針を丁寧に。


 

帆布生地を縫う時は、職業用ミシンをおススメします。
家庭用ミシンでは、モーターに馬力がないので、
厚みのある部分を縫う時に、モーターが空回りして縫えないと思います。


 

帆布のおススメの針は、目飛び防止の針。
針の太さは、14番、16番を使用。


 

糸は、20番、30番糸を使用。

・家庭用(30番

シャッペスパンミシン糸30番/100m

 

たくさん縫う方は、工業用の糸が経済的。

・工業用(30番)

キング テトロン(ポリエステル)ミシン糸30番/2000m-1


キング テトロン(ポリエステル)ミシン糸30番/2000m-2

・工業用(20番)

ング テトロン(ポリエステル)ミシン糸20番/2000m

 

 


 

 

 

copyright © 2011 basic fabric all rights reserved.